高松でインプラント治療ならインプラント実績豊富で丁寧な説明を行う香川大学前はこざき歯科医院へ

診療時間
09:00~12:30
14:30~18:00

~他で難しいと言われたインプラント治療も治療できる可能性があります~

お電話での受診予約・お問い合わせは
TEL:087-813-0418
初診・インプラント相談ご予約はこちら

よくあるご質問

FAQ

  • Q.インプラントは痛いですか?
  • A.
  • 通常、抜歯をする際に、部分麻酔をしますが、インプラント埋入手術も同程度の麻酔で済みます。 インプラント手術はそのため、大きな痛みはありません。

    術後は、痛み止めの服用薬や座薬などが処方されますので、薬が効いて痛みをあまり感じずに治っていくことが多いです。

  • Q.インプラントが何年くらい使えますか?
  • A.
  • インプラントは、さびたり劣化しないチタンの素材になっていますので、基本、半永久的と言われています。ブリッジや入入れ歯の寿命に比べて、インプラントは10年後の残存率は90パーセントを超える高い数値となっています。
    ただし、インプラントを支える歯ぐきや顎の骨は、ご自分のものですから、天然の歯と同じように、歯ぐきがやせる歯周病になるともたなくなります。
    インプラントを長持ちさせるためには、日頃の歯磨きと定期的なメンテナンスが必要です。
    当院ではインプラント治療を受けられた方には定期メンテナンスの受診をお願いしています。

  • Q.インプラント費用について
  • A.
  • インプラント治療は、保険適用外の治療なので、すべての治療費が自費(自由診療)になります。 基本的に、自由診療は価格設定が歯科医院によって値段が違います。当院では最高の技術でなおかつ、リーズナブルな費用をモットーに価格設定をしております。

  • Q.ブリッジからインプラントにしたいのですが…
  • A.
  • ブリッジにする際に、支えとなる両脇の歯を削って、冠などを被せてあると思いますが、インプラントにする場合、2つの方法が挙げられます。

    1つ目は、ブリッジを切断し、欠損部分だけインプラント治療をする方法です。しかし、支えとなっている冠は切断面を研磨し、そのまま使用できる場合とできない場合があります。
    2つ目は、欠損部分のインプラント治療と一緒に支えとなっている冠も新しくやりかえるやり方です。

  • Q.芸能人って歯がきれいな人が多いですが、インプラントですか?
  • A.
  • はっきりした事は言えませんが、元々の自分の歯をケアしてキレイな方、ホワイトニング又はセラミックを用いた方法でキレイに沿えている方がいます。中には、歯を失った所をインプラントにて、見た目を回復している方もおられると思います。

  • Q.インプラントとブリッジは使用できますか?
  • A.
  • インプラントと治療では、50年以上の歴史があり、設計などの考え方は変わってきています。 現在、基本的には、元々の歯の揺れ(生理的動揺といいます)がある天然歯と顎の骨とくっつく骨結合をして、動揺がないインプラントとは、ブリッジにてつながない設計が一般的です。 インプラント同士のブリッジ設計はよく使われています。

  • Q.何歳でも治療を受けれますか?
  • A.
  • インプラント治療は幅広い年齢に治療可能ですが、顎の骨に変化のある成長期(18歳くらいまで)は、避けた方がいいと言われています。又、高齢の方にも治療はできますが、有病者やメンテナンスが困難な方には望ましくありませんので当院ではそういった患者さまにはインプラントをおすすめしないこともあります。

  • Q.インプラント治療を受け入れない場合はありますか?
  • A.
  • 50年以上の歴史を持つインプラント治療は材料やデザインの進歩、そして、技術の向上によってあらゆる症例に対応できるようになりましたが、重度の有病者や、極端に顎の骨がやせている方には治療が受け入れられない場合があります。

  • Q.ワンデイインプラントとはなんですか?
  • A.
  • 歯の抜歯と同時にインプラントを埋入する方法です。
    ケースによっては、抜歯になる予定の歯をすでにインプラントにすると決めてらっしゃる患者様にはおすすめです。

pagetop